30代から感じる精力の衰えと対策

精力の衰えっていうのは噂だと40代あたりから始まると聞いていたのですが、自分の場合にはもう30代半ばで出てきました。

はっきりと分かるぐらいにガクッときたのですが、それに気づいたのはやはり妻との夜の生活でした。一応週に一回ぐらいはしていたのですが、それすらもかなり厳しくなったというか、中折をしてしまうようになりました。

流石に二人して驚きましたが、妻は優しいので色々な方法を試してみてはどうかなどと言われました。

そうは言っても男のプライドが邪魔してしばらくは落ち込んでいましたが、色々な情報を集めてサプリメントを始めてみようと思いました。

最近の精力剤っていうのはマカや亜鉛だけではなく様々なものがあるのを知りました。有名なのはシトルリンやカルニチンやノコギリヤシでしょうか、あとはクラチャダイムなどという成分も有効らしくこの辺を試してみようと思いました。

しかし値段という面ではかなり高めになるのは仕方ないかなと思いつつ、長く続けないと効果がないということなので続けてみることにしました。

効果に関しては精力剤をというのはなにも夜の生活だけに効果があるのではなく、日常生活でもかなり活力が湧いてくるのを実感しました。

仕事もなんだか捗るようになり、肝心の妻との夜の生活も段々と復活してくるようになり、一回戦は十分頑張れるようになりました。

体調が良ければ二回戦もできるようになり、若い日の感覚を取り戻すことになり、その効果を凄く実感しました。妻は自分より年下なのでやはり喜ばせることができたのも嬉しいですし、やはり値段が高い精力剤は効果があるんだなと思いました。

私が精力を維持するために行っている心がけを紹介します。

私は今年で40歳になります。家内が幸いなことに33歳とまだまだ若くお互い性欲そのものもあるほうだと思います。ところがわたしが気持ちとは裏腹に少しずつ体力、そして精力も減退気味なのです。

それを感じるのが運動をした後の回復力の遅さ、そして夜の営みで一晩に2回はできなくなったことです。さすがにいつも2回はありませんが。

家内としては、自分の魅力に問題があるのではないかとか愛情が薄れてしまったのではないかと若干いぶかっているところもあります。

もちろん、そんなことはないといってもなかなか伝わらないのであえてこの会話は避けるようにしています。こうした状態になって3年近くがたっているでしょうか。

しかし、このまま体力も衰え、精力も減退していくことは悲しいので自分なりに対策を取るようにしています。といってもサプリメントなどにまだ頼りたくないので精力そのものよりも体力を落とさないようにしようと決めました。

そしてできる限り規則正しい生活をすることで下半身にも影響を及ぼさないようにしています。

まず体力の維持ですが軽いジョギングを毎日20分間行っています。とにかくこうした持続力が夜の営みにもつながることを自分なりに期待してのことです。

そして、規則正しい生活。これは昔から私が感じていることなのですがやはり徹夜や睡眠時間が少ないと夜の方もパワーが不足してしてしまいます。

これが慢性化してしまうと継続して夜もパワーがなくなってしまうのでそれを避けたいという思いからです。効果のほどはわかりませんが長期的に見ればよい取り組みだと思っています。

精力増強のためにエビオスを服用した結果

20代までは精力が十分にあり、このままいけば60歳くらいまでは現役だと思い込んでいたのですが、とんでもない勘違いでした。30歳に彼女と夜を過ごした時に途中で萎えてしまったのです。その時はちょっと疲れていると言ってごまかしたのですが、内心かなり焦っていました。

一人になってすぐにネット検索した結果、エビオス錠が薬局で手に入るし、手軽に精力つけるのには良いということで早速試してみました。安価で2000錠入っているビッグサイズでも2000円くらいとお手頃価格。

服用量は一回につき10錠だったのですが、私は精力欲しさに一回に20-30錠くらいも飲んでいました。飲んでみると、最初に実感したのは精液量の増加です。今まではと比べて一回当たりの射精液の量が2倍近くに増えました。

しかし性行為による快感はあまり変わりませんでした。エビオスには亜鉛が含まれていますが、亜鉛は精子を形作る要素なので滋養強壮というよりも精子の増強に効果が有るという感じ。

もう一つエビオスの服用で体感した事と言えば、下痢が改善されたこと。日頃から缶コーヒーを飲む癖があり、缶コーヒーを飲むと数時間後にトイレに行きたくなる習慣があったのですが、エビオス錠を飲むと腸の調子が良くなるらしく、便も固くなってきたのが良くわかりました。

たまに腹痛を感じる時があるのですが、そういう時はすぐにエビオス錠を20錠くらい飲むと治ることがわかり重宝しています。ただエビオスを飲み過ぎると逆に便秘気味になるので、一日の推奨量以下に抑える時もあります。その時のお腹の調子を見ながら服用量を調整すると良いと感じました。

精力がつく食べ物あれこれ

精力というのは男性にとってあればあるだけいいものですが、どうしても減退してしまうものです。。勿論、サプリメントなんかで回復するのもいいのですが、やはり日常生活で食事から美味しく摂れる方が楽しみもありますし、食生活を改善することで精力を付けたい!と思っている人も多いでしょう。

なので、この記事では精力がつく食べ物を紹介していきます。

まず精力が付くとして有名な食事や食材についてですが、うなぎ・にんにく・山芋・納豆・牡蠣などのがっつり食べるものから、ニラ・ゴマ・ショウガ・オクラ・アボガトなどの植物性の食べ物なんかも精力増進には効果があると言われています。また栄養素という面で考えるとマカや亜鉛なども優れた効果を発揮します。

成分的な面を見てみると、うなぎの各種ビタミンや亜鉛・にんにくのスコルジニン・山芋のアルギニン・納豆のナットウキナーゼ・牡蠣の豊富な必須アミノ酸や亜鉛が入っているのでとても効果があるのです。またニラのアリシン・ゴマのセサミン・ショウガのショウガオール・オクラのムチンアボガドのビタミンEなども豊富なため精力回復や滋養強壮にとても効果があるというわけです。

これらの他にも肉や卵なども精力増進に役立つ食べ物ですが、やはり食事からしっかりと摂るのが望ましいと思います。ですが、肉や卵・牡蠣などは摂取しすぎるとコレステロールの問題がありますので、血中脂質等が高い人はそちらへの影響も考えながらバランスよく取りましょう。

精力がつく食べ物を食べた後の注意点

これら精力増進効果のある食べ物は、臭いも癖があるものが多いので、食べた後などにデートなどを考えている場合にはブレスケアなんかもしっかりとした方がいいかもしれません。

またこの中でも【マカ】に関しては食事よりかはサプリメントの方がより効果的に摂取できるので、サプリメントあるいは粉末などで食事に混ぜて食べるのも方法の一つではあります

質の良い睡眠は精力回復にも繋がる!

ストレスに溢れかえった現代社会では、約7割の人が睡眠に問題を抱えていると言われており、質の良い眠りに対する関心が高まっています。

睡眠不足の影響についての研究も進み、ガンや生活習慣病、アレルギーなど、多くの病気に睡眠不足が関わっていることが分かってきました。これらの影響で精力が減退することも分かっています。

カリフォルニア大の実験では、睡眠不足だと相手の表情を読む能力が下がったり、感情のコントロールが効かなくなるという結果が出ており、健康面だけではなく、精神面の安定のためにも睡眠は大切です。

精力を回復させるためにも「質の高い睡眠」を取りましょう。

質の良い睡眠をとるための基本

質の良い眠りから覚めた時、人間は誰でも心の底から満足を覚えるものです。
より良い睡眠のためには体内のリズムを整えると同時に、眠る環境を整えることが大切になってきます。

体内のリズムを整えるために真っ先にすべきこと。それは朝日を浴びることです。1日は24時間ですが、体内時計はそれからズレており、朝日を浴びることによりリセットされ、正しいリズムに整います。
せっかく整えた体内リズムを狂わせないよう、食事の時間や就寝・起床時間も一定を保つよう心掛けましょう。

体内リズムの調整と同様に大切な眠る環境ですが、こちらの基本は暗さと温度です。

眠る前の強い光は脳を興奮させます。就寝前は部屋の照明を落とし、テレビやスマホの画面を見ることを避けましょう。
室温は、夏は25~27度、冬は14度~20度程度が快眠の適温です。湿度は50%~60%が良いとされていますので、エアコンや寝具で調節して下さい。

「全てやったけれど眠れない…」という方もいるかも知れませんね。

こういう時、無理に寝付こうとすると却って目が冴え渡ります。
一度起き出して、温かいミルクを飲んだり軽いストレッチをするなどして、自然に眠くなるのを焦らず待ちましょう。リラックスこそが最善の策です。